<< NEXT Main BACK >>
ライムがグリーンじゃなくなる??|圧搾・生搾りジュースジューサー

こんばんは!
本日は、ライムがグリーンじゃなくなる!という記事を見つけましたので、一部記事を抜粋してご紹介させていただきます!
「ライムグリーンはグリーンじゃなくなる、それが未来だ。」
というフレーズと共に始まる今回の記事ですが、未来のライムは赤くなるかもしれないと言うんです!その理由は、オレンジとぶどうの要素をライムに入れこもうとしているからだそうです。
The Journal of the American Society for Horticultural Scienceが初公開したそうですが、遺伝子組換えされたライムを開発したそうで、開発したのはフロリダ大学の研究室だそうです。ライムが赤いのは、アントシアニンが豊富に含まれているからだそうで、アントシアニンは、ブラックベリーやレッドキャベツ、秋の紅葉した葉っぱに多く含まれる成分で、赤い色の原因となる要素だそうです。写真中央のライムには、果肉が赤いブラッドオレンジの遺伝子が、左のライムには種無しぶどうの遺伝子が組み込まれています。
さて、ライムが赤いと何かいいことがあるのか?残念ながら今のところは、見た目がユニークという観賞用の植物で、食べてどうこうという話ではないそうです。しかし、アントシアニンは健康にもいいと言われており、これからの実験しだいでは、通常のライムよりも健康的な新種のライムとして、赤いライムがお店に並ぶ可能性も十分あるそうですよ^^
いつもと違ったユニークな記事なのでご紹介させていただきました^^
広まるかは別として、、興味深い話でした!

RITA株式会社Zumex事業部
参考記事
お問い合わせ
by iwama

オレンジの話し : 16:55 : comments (x)
欧米でのみかんの呼び方とは??|圧搾・生搾りジュースジューサー

こんばんは!!
本日は、以前にも少しご紹介させていただいた事があるかもしれませんが、みかんの歴史と、欧米でのみかんの呼び方についての記事を見つけましたので、一部記事を抜粋してご紹介させていただきます。
日本で「サツマ」という食べ物といったら、「サツマイモ」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
でも、欧米では「サツマ」と言ったら「みかん」のことを指すことをご存知でしょうか?
きっかけは、幕末に勃発した薩英戦争だそうで、小さな日本の小さな藩であった薩摩と、世界最高の海軍をもつイギリスとの戦いは無謀であり、イギリス側も薩摩のことをほとんど知らずに戦争は始まったそうです。
ですが、いざ戦が始まってみると、意外や意外、思っていたよりも薩摩が強く、イギリスは勝利を諦め、帰る結果になったとか!
これは欧米の人たちにとって、とても衝撃的で、「日本、侮りがたし」と驚いただそうです。
そんな薩英戦争が終わったあと、両国は和解し関係がぐっと近づいたそうで、「お互い、なかなかやりますな」という気持ちの中でリスペクトしあうまでに至ったそうです。
そして交渉がうまく進んだお礼として、薩摩藩がイギリスに渡したのが「みかん」だったそうで、このみかんはいわゆる「温州(うんしゅう)みかん」と呼ばれるもので、日本で「温州みかん」という名前で知られているこのみかんの原産地は、鹿児島県!実は「温州」というのは中国の地名なのですが、中国原産ではなくれっきとした日本の薩摩生まれだそうです。
中国・温州の柑橘類が素晴らしいということにちなんで名前を付けたそうで、ちょっと紛らわしいネーミングとなったそうですよ^^
とにもかくにも、この温州みかんはイギリスにお土産として渡され、「サツマ」という名前で定着していったそうです。
ちなみに、この温州みかん、明治時代にはアメリカにも渡り、もちろん、みかん自体も「サツマ」と呼ばれているのですが、フロリダ州・アラバマ州には、みかんの苗木が渡ったことから「サツマ」と名付けられた町もあるとか!!
日本では「温州みかん」という中国の名前で呼ばれているのに、欧米ではきちんと「サツマ」と呼ばれているのは、なんだか不思議ですね^^
「みかん」も様々な歴史を経て、今へと受け継がれてるんですね^^
この歴史を絶やさないよう、Zumexを通して日々、日本の柑橘の為に活動して参ります!!

RITA株式会社Zumex事業部
参考記事
お問い合わせ
by iwama

オレンジの話し : 08:22 : comments (x)
湘南ゴールドとは!?|圧搾・生搾りジュースジューサー

こんばんは!
本日は神奈川県生まれの柑橘、「湘南ゴールド」に関しての詳しい記事を見つけましたので、一部記事を抜粋してご紹介させていただきます。
以前から度々紹介させていただいている、幻のフルーツといわれる「湘南ゴールド」。「湘南ゴールド」は“湘南”という地名を冠しているように、神奈川県が開発した柑橘類の品種です。誕生までになんと12年もの歳月がかかったそうです。「湘南ゴールド」は神奈川県西部で収穫されるゴールデンオレンジ(黄金柑)に温州みかんを交配させた柑橘で2006年から出荷が開始されています。現在では、相模湾を望む温暖な小田原市が主産地になっており、神奈川県の県内農林水産物の選定制度である「かながわブランド」にも選ばれているそうです^^
いまだに神奈川県内でも入手困難な稀少フルーツの「湘南ゴールド」ですが、幻と言われる理由は、温州みかんが苗から3年で実をつけるのに対し、「湘南ゴールド」は5年もかかそうです。しかも、1年おきに豊作と不作を繰り返し、安定した収穫が難しいという性質ゆえに希少価値が高い幻のフルーツといわれているそう。「湘南ゴールド」は温州みかんより少し小ぶりの大きさで、鮮やかなレモン色と夏ミカンのようなさわやかな香りが特徴だそうで、レモンのような外見と香りから、一見酸味が強そうな印象を受けますが、「湘南ゴールド」はなんと糖度12度前後と十分な甘みがあるそうです。ナイフで半分にカットすれば驚くほど果汁が滴り落ち、グレープフルーツとニューサマーオレンジ、そしてミカンと柚子の四重奏のようなリッチな風味と深みは、新次元の味わいで、食べた人は思わず笑みがこぼれてしまうほどの美味しさだそうです!神奈川県が全国に誇る自慢のフルーツ「湘南ゴールド」は他の柑橘では味わえない、まさに「幻の味」だそうです^^
「湘南ゴールド」には美肌・美容・健康などに効果的な栄養成分が豊富にふくまれているそうで、たっぷり含まれているビタミンCは疲労回復や、風邪の予防に最適とか!しかもビタミンCはコラーゲンの育成を促し、肌を美しくする作用があるので美容にも効果的だそうで、ベーターカロテンも多く含んでいるそうです。β-カロテンは体内でビタミンAに変わり皮膚や粘膜、消化器官などを正常に保つ働きがあり、高血圧の予防をはじめ、がん予防やアンチエイジングにも効果があるといわれるそうです。また、注目すべきは、ナリルチンというフラボノイド成分の一種も含まれているそうで、ナリルチンには、花粉症やアレルギー性鼻炎の抑制効果があると言われており、「湘南ゴールド」には他の柑橘に比べて果実では3~5倍、果皮では6~8倍程度多く含まれているそうです!「湘南ゴールド」は神奈川生まれの神奈川育ちの新しい正真正銘の「健康フルーツだそうです^^
以前からご紹介させていただいていましたが、こんなにたくさんの健康への効果があるんですね!!
Zumexでも搾れるようにしたいですね!!
その時は必ずお知らせさせていただきます^^


RITA株式会社Zumex事業部
参考記事
お問い合わせ
by iwama

オレンジの話し : 19:30 : comments (x)
みかんドレッシング?!|圧搾・生搾りジュースジューサー

こんばんは!
本日は青みかんを使ったドレッシングが販売されたという記事を見つけましたので、一部記事を抜粋してご紹介させていただきます。
そのドレッシングは、横浜市金沢区柴町で生産されたみかんを使って作られているそうです!商品化したのは、栄区の奥井奈都美さんだそうで、摘果され、捨てられる青みかんをもったいない、と思ったのがきっかけだったそうです!「地産地消の商品としてアピールしていく考えだそうです^^
発端は、湘南地域で開かれたみかんの摘果体験イベントだそうで、摘果は栽培上重要な作業だが、大半が捨てられると聞き、有効活用できないかと考えたそうです!
ちょうどそのころ、横浜市の「地産地消ビジネス創出支援事業」を知り、ドレッシングの商品化を思い立ったそうで、地元・横浜の生産者を探す中で知り合った小山收一さん(金沢区)に相談すると快く応じてくれた事で、開発が始まったそうです。
昨夏には185キロを収穫し、青みかんを搾り72リットルの原料を確保したそう。
ドレッシングの製造は「加工倶楽部かながわ」(神奈川区)に委託しているそうで、果汁約50%とし、タマネギ、酢、砂糖、塩などを加えて仕上げたそうです!じっくり低温で殺菌することで素材の色を損なわないようにしたそうで、オイル入りのタイプはサラダやマリネ、オイルなしは、豚しゃぶや蒸し鶏などがお勧めだそうです^^
奥井さんは野菜ソムリエやラテン料理教室の講師の顔も持つそうで、プロジェクトは「アマンダリーナ」と名付けられたそうです。横浜のハマとスペイン語のマンダリーナ(ミカンの意)を掛け合わせた造語だそうです。
2014年度の地産地消ビジネス創出支援事業に採択されたほか、16年度の金沢ブランドに認定されたそうで、奥井さんは本格販売を目指す考えだが、課題は原料の確保とのこと。商品量を増やすため、金沢区の他の生産者にも投げ掛けるほか、法人化も見据え、準備を進めたいと意気込んでいるそうです!
「横浜あおみかんドレッシング」の希望小売価格は600円だそうですよ^^
まだまだ酸味が強い青みかんの新たな利用方法ですね!!
このように、柑橘の様々な利用方法が増えていくのは嬉しいですね^^
我々はZumexを通して、シンプルな素材本来の味を多くの皆様にお届け出来るよう、日々努めて参ります!

RITA株式会社Zumex事業部
参考記事
お問い合わせ
by iwama

オレンジの話し : 16:47 : comments (x)
幻のみかんとは??|圧搾・生搾りジュースジューサー

こんばんは!
本日は「幻のみかん」と呼ばれている柑橘に関しての記事を見つけましたので、一部記事を抜粋してご紹介させていただきます。
そのみかんは兵庫県淡路島にあるそうで、名は「鳴門オレンジ」と呼ぶそうです。鳴門という名は徳島県の地名ですが、生産されているのは淡路島だけだそう。
この、鳴門オレンジの由来は江戸時代にさかのぼるそうで、当時は淡路島が「淡路国」として徳島藩の一部だったそうです。
淡路島に住む蜂須賀家の家臣が屋敷の庭にみかんの種をまいたところ発芽し、それが大変おいしかったのが始まりだそうで、その後、徳島藩を治めていた蜂須賀家に献上され、四国と淡路島を隔てる鳴門海峡から「鳴門みかん」と名付けられたという説があり、これが後の鳴門オレンジとなったそうです。
鳴門オレンジは普通の温州みかんよりも大きくて皮の香りが強く、酸味が強いのが特徴だそうで、水分も多めだそうです。だが「幻」と言われるだけあって、その収穫量は昔と比べてかなり減っており、農林水産省によると、1974年の収穫量は3118トンもあったのに、2013年は110トン。生産者の減少、高齢化、後継者不足が深刻で、栽培面積も10ヘクタールとなっているそうです。
淡路島は半世紀ほど前から「花とミルクとオレンジの島」と呼ばれているそうで、温暖な気候のため、カーネーションやスイセンなど色とりどりの花が咲き、酪農や果樹栽培で知られるようになったそうです^^
本当に「幻」とならないようにその歴史とともに、末永く後世に伝えていってほしいですね^^!!

RITA株式会社Zumex事業部
参考記事
お問い合わせ
by iwama

オレンジの話し : 22:00 : comments (x)
グレープフルーツを温めて飲むと??|圧搾・生搾りジュースジューサー

こんばんは!
本日はグレープフルーツジュースを温めて飲むと、脳機能に影響を与える、と言う記事を見つけましたので一部記事を抜粋してご紹介させていただきます。
フロリダ州政府柑橘局はこのほど、「グレープフルーツの脳機能に与える影響」についての研究結果を発表したそうです。ホットグレープフルーツジュースを摂取すると、脳が活性化し集中力がアップすることがわかったそうなんです!
同研究は、杏林大学 医学部 精神神経科学教室の教授に協力を依頼して行ったそうです。
被験者は、22~23歳の健康な男女6名(男性4名、女性2名)。被験者には、「水(常温10℃以下)」「グレープフルーツジュース(常温10℃以下)」「ホットグレープフルーツジュース(約60℃)」の3種類を3分間かけて摂取してもらい、その後クレペリン検査用紙を用いて1桁の数字の足し算を実施したそう。
実験の結果、計算問題達成数は、ホットグレープフルーツジュースを摂取した時が一番多くなることがわかったです!常温の水と常温のグレープフルーツジュースの間には、大きな差は見られなかったとのことです。
計算中は、光トポグラフィー検査装置を用いて、脳の血流量も測定したそうで、グレープフルーツジュース摂取の場合は、常温、ホットどちらでも、前頭葉の脳血流量が増え、脳が活性化する様子が観察できたそうで、常温では、立ち上がりが速く(効果がやや弱い)、ホットではじわじわと立ち上がり効果が持続するという違いも明らかとなったそうです!
教授は、常温で摂取したときの立ち上がりが早いのは「(常温ゆえに)素早く覚醒度が上がりサッパリ感を感じさせるためと考えられる」と見解を述べたられたそう。
実験の終わりに、被験者に体感アンケートを実施した結果、ホットグレープフルーツジュースは、「落ち着き」「気分」の2項目で、水や常温グレープフルーツジュースより高い評価が得られたそうです^^
教授はこれらの結果から、「ホットグレープフルーツジュースには、落ち着いて気持ち良く勉強できる雰囲気や状況を作るはたらきがあるのでは」と推測しているそうで、受験生が勉強前や勉強の合間にホットグレープフルーツジュースを飲むことは、集中力を高めて勉強の効率を上げるという点からおすすめであるというそうです!
また、「コーヒー・紅茶の場合はカフェインによる覚醒効果が期待できますが、摂(と)りすぎると眠りにくくなるなど、生活リズムが乱れる可能性もある。ビタミンCが豊富で低GI食品でもあるグレープフルーツを使ったホットジュースは、受験生の健康をサポートするという面からも有効といえるでしょう」ともコメントされているそうです^^
ホットグレープフルーツと聞くと、あまり馴染みがありませんが、このような効果があったんですね^^
皆様もこれを機に、是非試してみてはいかがでしょうか!

RITA株式会社Zumex事業部
参考記事
お問い合わせ
by iwama

オレンジの話し : 12:36 : comments (x)
<< NEXT Main BACK >>
zumex RITA japan
Essential Pro エッセンシャル プロ
Essential Pro
SEARCH BOX
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2017 - 10  >>
NEW ENTRIES
FACEBOOK
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

フィードメーター - ZumexJP 生絞りオレンジジュースを飲みビタミンC..


QLOOKアクセス解析