Main BACK >>
グレープフルーツを温めて飲むと??|圧搾・生搾りジュースジューサー

こんばんは!
本日はグレープフルーツジュースを温めて飲むと、脳機能に影響を与える、と言う記事を見つけましたので一部記事を抜粋してご紹介させていただきます。
フロリダ州政府柑橘局はこのほど、「グレープフルーツの脳機能に与える影響」についての研究結果を発表したそうです。ホットグレープフルーツジュースを摂取すると、脳が活性化し集中力がアップすることがわかったそうなんです!
同研究は、杏林大学 医学部 精神神経科学教室の教授に協力を依頼して行ったそうです。
被験者は、22~23歳の健康な男女6名(男性4名、女性2名)。被験者には、「水(常温10℃以下)」「グレープフルーツジュース(常温10℃以下)」「ホットグレープフルーツジュース(約60℃)」の3種類を3分間かけて摂取してもらい、その後クレペリン検査用紙を用いて1桁の数字の足し算を実施したそう。
実験の結果、計算問題達成数は、ホットグレープフルーツジュースを摂取した時が一番多くなることがわかったです!常温の水と常温のグレープフルーツジュースの間には、大きな差は見られなかったとのことです。
計算中は、光トポグラフィー検査装置を用いて、脳の血流量も測定したそうで、グレープフルーツジュース摂取の場合は、常温、ホットどちらでも、前頭葉の脳血流量が増え、脳が活性化する様子が観察できたそうで、常温では、立ち上がりが速く(効果がやや弱い)、ホットではじわじわと立ち上がり効果が持続するという違いも明らかとなったそうです!
教授は、常温で摂取したときの立ち上がりが早いのは「(常温ゆえに)素早く覚醒度が上がりサッパリ感を感じさせるためと考えられる」と見解を述べたられたそう。
実験の終わりに、被験者に体感アンケートを実施した結果、ホットグレープフルーツジュースは、「落ち着き」「気分」の2項目で、水や常温グレープフルーツジュースより高い評価が得られたそうです^^
教授はこれらの結果から、「ホットグレープフルーツジュースには、落ち着いて気持ち良く勉強できる雰囲気や状況を作るはたらきがあるのでは」と推測しているそうで、受験生が勉強前や勉強の合間にホットグレープフルーツジュースを飲むことは、集中力を高めて勉強の効率を上げるという点からおすすめであるというそうです!
また、「コーヒー・紅茶の場合はカフェインによる覚醒効果が期待できますが、摂(と)りすぎると眠りにくくなるなど、生活リズムが乱れる可能性もある。ビタミンCが豊富で低GI食品でもあるグレープフルーツを使ったホットジュースは、受験生の健康をサポートするという面からも有効といえるでしょう」ともコメントされているそうです^^
ホットグレープフルーツと聞くと、あまり馴染みがありませんが、このような効果があったんですね^^
皆様もこれを機に、是非試してみてはいかがでしょうか!

RITA株式会社Zumex事業部
参考記事
お問い合わせ
by iwama

オレンジの話し : 12:36 : comments (x)
とりせん様にご採用いただきました!|圧搾・生搾りジュースジューサー

こんにちは!
本日は栃木県小山市に新しくオープンした、「とりせん 小山土塔店」様にZumex社製ジューサーEssential proのをご採用いただきましたので、納品に来ております!!
とりせん(http://www.torisen.co.jp)様は、群馬県、栃木県を中心に約60店舗展開されているスーパー様です。
この度はオレンジの販売ツールとして、Zumexで搾った生搾りオレンジジュースをお客様にご試飲いただいております。
飲まれた客様は皆様、「美味しい」と口にし、オレンジをご購入いただいております^_^
本日から18日まではネーブルオレンジを搾ってます!
お近くの方は是非、お立ち寄りくださいませ!!

RITA株式会社Zumex事業部


お問い合わせ
by iwama

ジューサー導入事例 : 10:21 : comments (x)
オレンジデー!!|圧搾・生搾りジュースジューサー

こんばんは!
先月4月14日は、昨年もご紹介させていただきましたが、「オレンジデー」でした!!

本日はそんなオレンジデーに関する記事を見つけましたので、一部記事を抜粋してご紹介させていただきます。
カリフォルニア州とアリゾナ州の「シトラス(柑橘類)」の生産農家によって構成された世界で最も歴史のある、最大規模の柑橘類生産出荷協同組合であるサンキスト・グロワーズ(Sunkist Growers)は、4月14日、近年第3の愛の記念日として注目されている「オレンジデー」に、渋谷109入口にて1日限りのスペシャルイベントとして、「サンキストオレンジ・スマイル自販機」を開催したそうです!
オレンジ・スマイル自販機とは、“笑顔の糖度(甘さ)を感知する自販機”だそうで、本自販機に向かって笑顔になると、その笑顔度数によってオレンジがいくつも出てくるというユニークな自販機だそうです^^これは、サンキストのシグネチャーである、オレンジを八等分にしたスライスを「スマイルカット」と呼ぶことにちなんでいるそうで、このオレンジデーをきっかけに、オレンジを気軽に食生活に取り入れていただき、家族や友人など愛する人たちとの食卓を笑顔あふれるものにしていただきたいというサンキストの想いがこめられているそうです。
本イベントは午後12:00よりスタートし、午後6:00時点で750個の笑顔をいただき、750セット1,500個のオレンジを配布したそうです。
お土産には、抗酸化物質であるリコピンを多く含んだ果肉がピンク色のピンキーオレンジと、糖度センサーにより厳選され、日本と韓国にしか出荷されないプレミアム・スウィート・ネーブルを配布されたそうです!^^
オレンジは、50年以上前から日本でも親しまれてきた柑橘類で、みずみずしいフレッシュな甘さが魅力です。ビタミンC、カロチン、ビタミンB1・B2、葉酸、カリウム、リン、鉄、ナトリウム、カルシウムなどの栄養素がバランスよく含まれた果物です。特にビタミンCは、レモンに近い量が含まれているほどの豊富さで、オレンジ1/2個で1日に必要なビタミンC※2を摂取することができます。また、塩分を排出する効果があるカリウムを手軽に摂れるオレンジは、そのまま絞って毎日コップ2杯のオレンジジュースとして飲むことで血圧を下げる効果があることがわかっており、米国食品医薬局(FDA)もその効果を報告しているそうです。
とてもユニークなイベントですね!!
徐々に広まってきつつある、オレンジデー!
来年はどんなイベントが開催されるかまた楽しみですね^^
※オレンジデーとは?
4月14日は、2月14日のバレンタインデー、3月14日のホワイトデーに続き、2人の愛を確かなものにする“第3の愛の記念日”として「オレンジデー」として制定されました。オレンジの花言葉は、”愛”や”結婚式の祝宴”で、愛情のシンボルとして親しまれています。最近では、オレンジデーにカップルでオレンジやオレンジ色のプレゼントを贈り合うという過ごし方も少しずつ定着してきています。

RITA株式会社Zumex事業部
http://www.sankeibiz.jp/…/ne…/160414/prl1604141902106-n1.htm" target="_blank">参考記事
お問い合わせ
by iwama

オレンジの話し : 18:23 : comments (x)
オレンジフラワーとは!?|圧搾・生搾りジュースジューサー

こんばんは!
本日は、「オレンジフラワー」という記事を見つけましたので、一部記事を抜粋してご紹介させていただきます。
日々ストレスが溜まりがちな現代社会ですが、そんなときには、気持ちも心も癒してくれるハーブがおすすめですが、その中でも特に香り高い「オレンジフラワー」がこの時期にぴったりだそうです!!
オレンジフラワーとは、ミカン科ミカン属の植物で、ビターオレンジの木に咲く花だそうです。インド・ヒマラヤが原産で、春から初夏にかけて香り高い白い花を付け、皮はオレンジピールとしてお菓子などに使われているそうです。ヨーロッパでは、オレンジフラワーという名前には「純潔」という意味が込められていているそうで、繁栄や多産の象徴とされて愛されるているそうです^^日本ではダイダイとよばれており「橙」が「代々」に通じるので、縁起の良い花となっていてお正月の生け花に用いられているそうですよ!オレンジフラワーとネロリは同じビターオレンジの花から抽出されますが、溶剤抽出法を使うのがオレンジフラワー、水蒸気蒸留法を使うのがネロリだそうです。
オレンジフラワーの主な成分は、リナロール、酢酸リナリル、グラニオール、フラボノイドなどだそうで、これらの成分はストレス、緊張、不安などにさらされやすい人が摂ると、心や体を鎮静化させてくれるそうです!PMS(生理前症候群)で辛い人にもぜひおすすめしたいハーブだそうですよ。肌の新陳代謝を高めてコラーゲンを増殖させる効果もあるそうで、肌のハリやツヤの衰えが気になり始めたらオレンジフラワーを摂る習慣を身につけるといいそうです。さらに消化を促進してくれるので、便秘解消にも効能があるそうですよ!!
このオレンジフラワーは、オレンジフラワーティーとして飲むのが一般的だそうです。かすかな甘みがありかんきつ類の爽やかな香りがあるそうで、ブレンドするときには、レモングラスやセントジョンズワートやカモミール、ペパーミンンと、レモンバームなどがおすすめでだそうですよ^^
皆さんも是非、お試し下さい!!^^

RITA株式会社Zumex事業部
参考記事
お問い合わせ
by iwama

オレンジの話し : 20:47 : comments (x)
みかんと糖尿病の関係とは?|圧搾・生搾りジュースジューサー

こんばんは!
本日は以前もご紹介させていただいた、糖尿病とみかんの関係に関しての記事を発見しましたので一部記事を抜粋して、ご紹介させていただきます。
糖尿病は現在、世界中で爆発的に増えていそうで、2015年の時点で有病者数は4億1500万人に上り、昨年より2830万人も増加したそうです。日本でも2012年の時点で「糖尿病が強く疑われる人」が950万人と推計され、前回調査(2007年)を60万人上回っており、さらに「糖尿病の可能性を否定できない人」、つまり予備軍を合わせると約2050万人となり、全人口に対して男性は27.3%、女性は21.8%にものぼるそうです。
実は今、世界的な懸案となっている糖尿病の発症リスクを下げるとして、にわかに注目されている食べ物が、日本の「みかん」だそうです!!
みかんを毎日3〜4個食べる人は、ほとんど食べない人に比べて、2型糖尿病や脂質代謝異常症などの生活習慣病の発症リスクが低下することがわかったそう。農研機構果樹研究所と浜松医科大学健康社会医学講座などの研究チームが、3月23日に明らかにしたものだそうです。
生活習慣病の予防には果物や野菜の摂取が重要であることが、近年の栄養疫学研究では示されておりますが、とりわけ黄色や橙、赤などを示す天然色素である「カロテノイド」が注目を集めているという。みかんに多く含まれているのは、橙色の成分「βクリプトキサンチン」というカロテノイドだそうです。
今回の参加者の多くは、みかん産業に従事しており、血中のβクリプトキサンチン濃度が高い人たちは毎日3〜4個のみかんを食べていることがわかったそうで、それに対して低濃度群は「毎日は食べない」という人たちだったそうです。
以前から何度も紹介させていただいているβクリプトキサンチンは、ニンジンに豊富なβカロテンよりはるかに強力な抗酸化作用があるとして、最近益々注目されている成分で、メカニズムはまだ不明だが、βクリプトキサンチンの血中濃度が高いと、インスリン分泌のバランスがよくなり、糖尿病予防につながると推測されているそうです。また、色素成分の大半がほぼ1日で体外に排出され抗酸化作用がなくなるのに対し、βクリプトキサンチンは何カ月も体に残って抗酸化作用を発揮するそうです!!
農研機構果樹研究所が行なった別の研究では、冬に採血した血液とほぼ同じ濃度のβクリプトキサンチンが、9月に同じ人から採取した血液からも検出されている事が分かったそうで、冬にたくさん食べたみかんの成分が翌年の秋まで残っていたとのことです。
一方、みかんは動脈硬化にも良いとされており、マウスによる実験段階だが、みかん果汁が動脈硬化の要因となる血管過剰増殖を抑えることが愛媛大医学部によって確認され、注目されているとか!どの成分が作用しているのかはまだ明らかになっていないが、ヒトに換算すると1日200mlほど飲めば効果があるというそうです。
ここで「みかんに含まれる果糖が血糖値を急激に上げるのでは?」と心配する向きもあるだろうが、それは誤解だそうです^^血糖値上昇の指標であるグリセミックインデックス(GI)を見ると、ブドウ糖100、白米81に対して、みかんは33。果糖による血糖値の上昇度はかなり低い事が分かっているそうです。
日本糖尿病学会が推奨する糖尿病食事療法でも、果物は血糖値を上げにくいと見直され、1日80kcal分摂るよう推奨されているそうで、エネルギー量当たりのビタミンCやカリウム、食物繊維の含量が高く、制限された食事でも必要な栄養素が効率よく摂れる食品とされるそうです。
糖尿病患者であっても中くらいのみかんなら1日2個は食べられるとのこよで、食べ過ぎは禁物だが、適量なら問題はないそうです。
残念ながら旬は終わってしまったが、果汁であれば1年を通して入手可能ですね!
皆さんも、「冬のみかん習慣」をもう一度見直してみてはいかがでしょうか^^

RITA株式会社Zumex事業部
参考記事
お問い合わせ
by iwama

オレンジの話し : 12:34 : comments (x)
愛媛県で人気の柑橘とは??|圧搾・生搾りジュースジューサー

おはようございます!

本日は、日本一の柑橘大国愛媛県の、数ある柑橘の中から最近人気の出て来た柑橘を4品種紹介している記事を見つけましたので、一部記事を抜粋してご紹介させていただきます。
愛媛といえば「みかん」がパッと思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?しかしながら、みかんの生産量が全国一かというと、今は和歌山県が実はトップ!それでも愛媛県は、みかんを含めた「かんきつ」類では、全国トップを走っています。
かんきつとは、おなじみの温州みかんをはじめ、伊予柑(いよかん)、ポンカン、不知火(しらぬい・デコポン)、八朔(はっさく)といった品種の総称で、その為、愛媛が「かんきつ王国」といわれる所以です。
愛媛で栽培されているかんきつは、現在30以上あって、全国一を誇るそうです!特に今回ご紹介したのは、新しい愛媛ブランドのかんきつとして売り出し中の4つの品種。
まずは「紅まどんな」。南香(なんこう)と天草(あまくさ)を掛け合わせ、果汁が極めて多く、ゼリーのような食感だそうで、毎年12月ごろに最も出回り、近ごろは知名度も上がってきてピンポイントで購入する人も増えていそうです!そして、「甘平(かんぺい)」は、西之香とポンカンを掛け合わせて開発され、扁平、大果、じょうのうが薄くて高糖、シャキッとした食感が人気で、甘平のさらに高級品種として2016年1月に以前もご紹介しました「クィーンスプラッシュ」が登場しました!
「媛小春(ひめこはる)」は、清見と黄金柑の掛け合わせで、果皮が鮮やかなイエローでとてもむきやすく、風味もフルーティなのが特徴だそう。さらに、イタリア原産の「タロッコ」はブラッドオレンジの一種で、大玉で味も美味しく、赤い色素は抗酸化作用を持つアントシアニンを豊富に含んでいるそうです。
愛媛県のみかん研究所によると、近年の人々の趣向に合わせ、「甘みが強くて酸味が少ない」「皮が簡単に手でむきやすい」などを踏まえたかんきつの研究に力を入れているそうです。1年になんと1000種類もの品種候補があったそうで、販売までたどり着いたかんきつの品種はどれも一級品だと言う事です^^
年々変わって行く人々の好みに合わせて、柑橘も進化していってますね!
これらの品種もフレッシュジュースとして飲めるように、これからも皆様の身近にフレッシュを広める活動を続けて参ります!!

RITA株式会社Zumex事業部
参考記事
お問い合わせ
by iwama

オレンジの話し : 09:19 : comments (x)
Main BACK >>
zumex RITA japan
Essential Pro エッセンシャル プロ
Essential Pro
SEARCH BOX
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2016 - 05  >>
NEW ENTRIES
FACEBOOK
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

フィードメーター - ZumexJP 生絞りオレンジジュースを飲みビタミンC..


QLOOKアクセス解析